金澤ゆらさら 額縁 デザイン額装 画材 画廊 掛け軸 絵画 オリジナル表装 アートな雑貨  のオンラインショップ イベント情報
ひろた美術 石川県金沢市の画廊・金沢ゆらさら・掛軸・絵画・表装・雑貨・額縁・画材
トップページ トピックス ご利用案内 貸し画廊案内 各店舗案内 会社概要 各種お問合せ 手しごとWORLD&ほっこりカフェひろたFacebookページ ひろた美術Facebookページ

掛け軸修理・修復・表装
掛け軸
金沢ゆらさら
アートな雑貨
絵画

額縁
ギャラリーネットワーク
取扱い作家
ご利用案内
注文フォーム
予定カレンダー
カルチャー教室
リンク 石川県内有名画廊
 
前のページに戻る


よくある質問
よくある質問を掲載しました。わからないことがあればお気軽にお問合せ下さい。
■表具について ■掛軸について ■取扱い商品について
■掛軸の修復について ■ご利用にあたって ■カルチャー教室について
 
・掛軸修復詳細ページはコチラ ・掛軸の基本情報はコチラ ・額縁についてはコチラ
工房ゆらさら 問合せ先  



■表具について■



○ 表具とはなんですか 
今から約1000年以上も昔、中国から伝わってきたという「表具」という文化。
「表具」は別名「表装」ともいわれ、一般的に書画などを鑑賞、保存するために裂地(きじ)や紙などを貼って裏打ちする技術のことをいいます。
地域によって特徴があり、特に京都の「京表具」、江戸(東京)の「江戸表具」、そして金沢の「金沢表具」の3つが「三大表具」と呼ばれています。
京表具の特徴は「雅」、江戸表具の特徴は「おおらかさと粋」、そして金沢表具は「重厚さと渋さ」といわれています。金沢表具の特徴は「百万石文化」を反映したものということですが、これは金沢では格式を重んじる武家の屋敷に調和する表具が好まれていたためとも考えられています。 掛軸は表装・表具の代表例です。
他には欄間額(和額による額装)・屏風・衝立・襖・障子張り・巻物・画帖(小冊子のようなもの)など色々あります。
書や絵画を見るためや、保存する目的として文化・芸術的に発展してきました。

▲ページTOP


○ 裏打ちとはなんですか 
裏打ちとは水彩画・水墨画・書など掛軸や額装において、裏側にさらに紙や布などを張り、水分と乾燥による起伏をなくしたり丈夫にすることです。
書を掛軸にする場合などで行われる工程のひとつで、本紙(書画が書かれた紙)より大きめの湿らせた和紙に本紙を重ね、霧吹きや刷毛でシワを取り除き、別の裏打ち用の和紙にのりを塗り裏返した本紙に重ねて貼り付け、最初の和紙を取り除く一連の作業になります。


★裏打ちの流れ・・・
額装する為の裏打ち
・・・書道の場合・・・
     
作品  作品細部 1
書道(水墨画)などの半紙などは薄いので、強度を増すために厚口裏打ちという加工を施します。
作品にあるシワや折れシワなども裏打ちすることによってなくなります。
 
水で湿らす 2
霧吹きの水で作品を湿らせます。
書道や水墨画など、膠が原料に入っているものは滲まないので水を使えますが、水彩画や用紙などは水は使えません。
お子様の書道(墨汁使用)も注意が必要です。
裏打ち機 3
裏打ち機でプレスします。
100度の熱で〜3分ほど。
多少の波打ちなどはプレスだけで真っ直ぐになります。
水彩画やくるまった賞状などもプレスするとセットしやすくなります。
裏打ちプレス後 4
プレス後、折れシワは綺麗になくなりました。
厚口裏打紙 5
厚口の裏打紙を作品より大きめにカットします。
裏打紙には糊が施されています。
裏打ち機 6
再び裏打ち機でプレスします。
熱をかけることによって糊が作品と定着します。
黄色の紙は糊の部分がくっつかない為のリケイ紙です。
裏打ち後 7
裏打ちが出来ました。
半紙の紙より厚くしっかりしました。
半紙などは、そのまま放置するより、作品を裏打ちした方が長持ちします。

→その後の額装方法はコチラ

★色紙貼の流れ・・・
・・・書道の場合・・・
▲ページTOP  
色紙貼用作品見本 色紙貼りの
1〜5の過程は上記裏打ちの過程と一緒です。
色紙貼 薄口裏打紙 2
薄口の裏打紙を作品より大きめにカットします。
裏打紙には糊が施されています。
厚口裏打紙とは厚みが違い、糊と裏紙が剥がせる仕様になっています。
裏打ち後 3
裏打ち機でプレス後、大きめに切った裏打紙の部分が熱によって糊が溶け、光って若干くっつきます。
余分をカット 4
作品より大きい部分をカットします。
作品と裏紙を剥がす 5
作品と裏打紙の裏紙を剥がします。
剥がして色紙に合わせる 6
剥がすと裏打ち前の半紙の薄さです(糊がついているだけの状態)。
色紙を置くと薄いのがわかると思います。
バランスを合わせてカット 7
色紙を下に置き、バランスを確認します。
余分をカット 8
再び大きい部分をカットします。
金縁もちゃんと残します 9
色紙の金の縁はちゃんと残します。
裏打ち機 10
裏打ち機でプレスします。
色紙貼完成 11
完成しました。
裏打ちしたては色紙が反りやすいので、重しなどを乗せて熱をさまします。
色紙貼コーナー コーナーも綺麗に金縁が残ります。
       

▲ページTOP




■掛軸について■



○ 掛軸とはなんですか 
掛軸とは、日本の伝統的美術品です。

和紙や絹本に描かれた「書」や「絵画」を表装したのもので、巻いて保管出来ます。
和紙や布地を使用して表装されている物なので、取り扱いには注意が必要になります。


▲ページTOP

○ どんな種類の掛軸があるのですか 
仕立て方の形式は色々あります。
伝統的な形式から、洋間やリビングにもマッチするひろた美術オリジナル「デザイン表装」もあります。

布地も化繊・綿・絹など沢山ありますので、作品に合わせてお選びいただけます。
形式や、図柄の種類などはコチラに掲載しております。


▲ページTOP

○ 掛軸の種類(様式)はどんなものがあるのですか 
基本形式として
三段表装・丸表装・仏表装があります。
詳細はコチラに記載してございます。

▲ページTOP

○ 掛軸の種類(図柄と意味)を教えてください 
掛軸には様々な図柄がございます。
図柄のいわれと共にコチラでご紹介いたします。

▲ページTOP

○ 行事別に掛軸を掛け替えたいんですが 
掛軸には様々な図柄がございます。
一般的な行事別をご紹介いたします。 もっと細かい説明はコチラ

結婚・結納 高砂・松竹梅鶴亀・鴛鴦・夫婦滝昇鯉
出産 四君子・干支の掛け軸
開店・開業 藻を刈る山水・七福神・五鯉躍(ご利益)・大入鯉(大入り)・赤富士・二福神・日の出
新築・落成 富士・山水・四季の四福
贈答(お中元
・お歳暮)
山水・季節にあった花鳥・富士・縁起物
長寿 高砂・松竹梅鶴亀・墨蹟・六瓢箪(無病)・南天福寿
選挙 大昇鯉(大勝利)
お茶会 書・墨蹟
仏事・法要
・お彼岸・お盆
十三佛・三尊佛・観音・六字名号
お正月 黎明三友(三幅対)・旭日波・松竹梅鶴亀・紅白梅・天神様・赤富士
・一富士二鷹三茄子・松上鶴・天照皇大神
桃の節句 お雛様・立雛・四君子・牡丹
端午の節句 武者・鍾馗・兜・富士・菅原道真

▲ページTOP

○ 掛軸の各部の名称を教えてください 
修復を依頼される際の参考にして下さい。

  掛軸名称 表
  1. まくり(本紙)
  2. 一文字上・下
  3. 中廻し上・下
  4. 天・地
  5. 軸先
  6. 軸棒
  7. 八双(発装)
  8. 風帯
  9. 掛緒
掛軸名称 裏
  1. 外題
  2. 裏巻き(上巻)
  3. 軸助け
  4. 巻緒

▲ページTOP

○ 掛軸のサイズを教えてください 
半切・尺五・尺八・全紙と掛軸のサイズがあります。
上記のサイズは「まくり」の寸法をいいます。
半切:35センチ  尺五:43センチ  尺八:51センチ  全紙:73センチ は、横幅の寸法です。

▲ページTOP

○ 風鎮とはなんですか。必要なんですか 
風鎮(ふうちん)とは、掛軸の軸先に付ける重しのことをいいます。
「風を鎮める」という字の通り、掛軸が風に揺れないようにするためのもので、飾りとしても用いられます。
風鎮には陶器や磁器の他にも、メノウ、水晶、黒檀などで作られたものがあります。また重さによって掛軸が傷まないようプラスチック製の風鎮などもあるようです。

風鎮は掛軸の負担になり、軸棒の所で破れたり裂ける原因になりやすいので、なるべく長い間付けないほうがいいです。
特に古い軸などはちょっとした重みで裂が裂けやすくなります。
付けるのであれば軽めの風鎮のほうが良いと思います。陶器でも小さい形などのほうをお勧めします。

▲ページTOP

○ 対幅とはなんですか 
連作となる複数の書画を同じ表装で仕立てたものを「対幅」や「双福」と呼ばれています。
対幅には柿栗図や竜虎図といった双幅、観音・猿・鶴などを描いた三幅対、四季を描いた四幅対、12ヶ月を描いた十二幅対などがあります。

対福は連作となる複数の書画を同じ表装で仕立てたものです。
これを真似て、作家が同じだからと二幅掛けたり・作家は違うが季節感(モチーフ)が同じだからといって似た軸を二幅掛けたりするのはタブーです。
二幅並べて掛けられるのは対幅として作られた連作のみです。

▲ページTOP

○ どんなものでも掛軸にできますか 
作品の大きさや描かれている内容にもよりますが、お客様のイメージをお知らせ下さい。
例えば、どこに飾るか・色味はどうしたいか・ご予算などお知らせいただければ、表具師が最適な表装をご提案させていただきます。
上記の問いにでも記載しましたが、色々な形式や布地がありますのでお好みの掛軸に仕上げることが出来ます。

また、掛軸に出来ない物として、
文化刺繍、印刷物(用紙)、ポスター、写真、紙が厚いもの(硬い紙)など巻くことを考えて作られていない作品は掛軸には出来ません。

また次のような作品には注意が必要です。
朱肉がスタンプインクの物・ サインペン、マジックインク、筆ペン、墨汁等絵具、墨に適当適量の膠が使用されていない物
(水分を少し付け、書画の一部を少しこすってみて、指先に色が付くようであれば、散る可能性が大です。)、
お客様のお持ちの作品が表装出来るかどうか疑問がある時はご相談下さい。 古くなった掛軸の修復も行なっております。
修復のご依頼の際も受付が出来かねる掛軸もございます。
詳しくはコチラをご確認下さい。

「代々伝わる大切な掛軸が痛んでしまったけど、どうしたらいいの!?」
「巡礼で集めた朱印を掛軸にしたい!」
「子供が書いた書道の作品を掛軸にしたいけど、仰々しくしたくない・・・」
「古い屏風・衝立を修理したい」
「掛軸を他の形で仕立て直ししたい」
・・・など、いつでもご相談下さい!!


がくぶち屋金沢店内【工房ゆらさら】

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目102
TEL:076-227-9644 
MAIL:koubou-yurasara@hirotaart.jp
定休日:土曜日曜 10:00〜18:00

▲ページTOP

○ 霊場集印は掛軸に出来ますか 
もちろん出来ます。

仏表装代にプラス
集印33枚¥10000(税抜)
集印88枚¥15000(税抜) が掛かります。
上記の価格は繋ぎ合わせる価格です。

また、集印ではなくお札を軸装したいという依頼がありますが、お札はそれぞれの紙の厚さが違う場合が多く大変な作業になります。(厚さを揃える為に薄い紙を一度裏打ちしたり、大変細かな作業になります)
集印には真ん中に観音様印刷されていてその周りに印が押されていますが、お札は真ん中に入れるものが無いこともあり枚数がきっちり綺麗にはめ込めない場合は変わりに白紙を入れてバランスをとり枚数を合わせて1枚の作品にします。
お客様との話し合いを元に形を作り上げていくことになりますので、この作業は要見積もりとなります。

▲ページTOP

○ 掛軸の掛け方巻き方・掛け替えのタイミングは 
■掛軸の掛け方
1:掛軸を掛ける時は、左手(利き手ではない方)で掛軸を持ちます
2:左手で掛軸を支え、右手(利き手)で持った矢筈の先を掛け緒に掛け鉤の高さまで掛軸を徐々に広げていきます
  手に届く高さでしたら矢筈を使わず手で掛け緒を掛けて下さい
3:金具に掛け緒を引っ掛け矢筈をはずし、手でそっと掛軸を広げて掛けて下さい
■掛軸の巻き方
1:両手で軸先を持ち、均等な力で巻き上げます。
2:手が届く所まで巻いたら、左手で軸を支えながら鉤から下ろし、軸の表側が体の方を向くように下げます。反対向きだと、本   紙を汚す恐れがあります。
3:再び軸の両端を持って、風帯の付け根まで巻きます。次に左手で軸を支えもち、風帯を折り目どおりに畳みます。
4:巻き上げた軸と標木の間に紙をはさみ、軸をひと巻きします。
この時、必ず掛緒の下を通すこと。紙は柔らかい和紙が理想的。掛け緒の跡が付くのを防ぐ役割があります。
5:巻き緒を持ち、軸の巻きと同じ方向に3周させ、掛緒の上から下に抜きます。
この時できる輪を、矢印のように掛緒の反対側にくぐらせる。
6:軸先を持って桐箱に慎重に収めます。長期に保管する時は防虫剤を入れてください。再び掛ける時は、巻緒の先、を引けば   ほぐれます。

■掛軸のしまい方
上記の掛軸の掛け方の逆の要領で外します。
風帯を折り目通りにたたみ、(右を上にして)軸をやや柔らかめに巻き、掛け紐を巻いて桐箱などに入れます。
しまう際には防虫香を入れて下さい。


対福は上記でも説明させていただきましたが、連作となる複数の書画を同じ表装で仕立てたものです。
これを真似て、作家が同じだからと二幅掛けたり・作家は違うが季節感(モチーフ)が同じだからといって似た軸を二幅掛けたりするのはタブーです。
二幅並べて掛けられるのは対幅として作られた連作のみです。


掛け替えのタイミングは決まりがあるわけではありませんが、その季節の1〜2ヶ月前に掛けると季節を感じ取る出来ると思います。
また、季節が終わっても掛けているのはタブーです。

基本の掛け替えは
春夏秋冬とお正月の五回が理想とされています。
その他に
結婚・結納 出産 開店・開業 新築・落成 御祝い 贈答(お中元・お歳暮) 長寿 選挙 お茶会 仏事(法要・お彼岸・お盆)
お正月 桃の節句 端午の節句
などの行事ごとに掛け替えされることをオススメします。

年中掛けと言われている物は、「一年中掛けられる」という意味ではありません。
一年の内、どの季節でも掛けられると言う意味です。
水墨画山水などが年中掛けにあたります。

▲ページTOP

○ 掛軸の取扱い/保管方法を教えて下さい 
掛軸は良質の和紙や絹本に表装裂地とを使って作られているので、湿気に弱く、また逆に過度の乾燥も嫌いますので取扱には充分ご注意下さい。

■お手入れの仕方・注意事項
・湿気に注意→虫干しし湿気をとる シミ・カビの原因になります。
・掛け軸にとって、直射日光は大敵。掛け軸が色あせてしまったり、変型の原因になります。
・極度の乾燥は、掛け軸の変型の原因となります。冷暖房の効きすぎた部屋や湿気の多い場所は避けてください。
エアコンの風は直接当たらないようにしましょう。
・掛軸を強く巻くと折れシワの原因になりますので、固くしめないように適度な強さで巻いて下さい。
・虫食いを防ぐために、専用の防虫香を入れましょう。ナフタリン等の防虫剤はシミの原因になりやすいので避けて下さい。
・ 長期間掛けたままにせず、たまに巻き収めて下さい。
掛軸はとてもデリケートです。取り扱う時は細心の注意を払って下さい。軸を強く持つとシワの原因や、軸先が取れてしまう場合があります。

■保管方法
・保管する際は、高温多湿を避けるのが、大切です。
保管の時は、桐箱に入れて専用の防虫香を入れて下さい。そして風の通る場所に保管しておきます。
しまいっぱなしにせず、時折出して掛けて虫干ししてあげて下さい。

▲ページTOP



■掛軸修復について■



○ 修復(受付)出来ないもの 
修復をご依頼される前の確認事項として、お客様の作品が表装可能であるか必ずご確認下さい。
作品の中には掛軸にしても見栄えがしなかったり、作品を破損させてしまう恐れもございます。
下記に書かれた状態のものは修復せず額装などをオススメします。

本紙の傷みが激しく、著しくもろくなって、折れたり裂けたりしている物。
特に、絹本マクリの古い物の中には、縮み作業中に裂けてしまう事もあります。

古い彩色画(仕立替えも含む)の場合にも、ニカワが風化して胡粉等の絵具がはがれたり、流れたりする場合があります。
しみぬきは、本紙のよごれ状態によって取れ方が異なります。特に絹本は取れ方が悪くなります。

また次のような作品には注意が必要です。
朱肉がスタンプインクの物・ サインペン、マジックインク、筆ペン、墨汁等絵具、墨に適当適量の膠が使用されていない物
(水分を少し付け、書画の一部を少しこすってみて、指先に色が付くようであれば、散る可能性が大です。)

中国製掛け軸または裏打ちがしてある作品

▲ページTOP

○ 掛軸の修復修理修繕とはどんなことをするのですか 
掛軸の布が破れていたり、軸先が取れていたり、シミなどが出来ていたり・・・など
掛軸は良質の和紙や絹本に表装裂地とを使って作られているので、湿気に弱く、また逆に過度の乾燥にも弱いので痛むこともあるかと思います。
お客様のご要望に応じ、古くなった作品を見違えるほどの掛軸に仕上げます。
シミ・シワ、汚れ、破れなどその箇所にあった修復を行ないます。
ほとんどの掛軸は一度作品を剥がして裏打ちや染み抜き・湯洗いなどをしてから新しい裂地に表装し直します。
お客様とご相談しながら進めてまいりますので、安心してご依頼下さい。 修復の詳細はコチラをご覧下さい。

▲ページTOP

○ 修復代はいくらくらいしますか 
修復内容によって異なります。
電話やメールで連絡いただいて、職人が必要な修復に基づいて価格をこちらから連絡させていただきます。
ご納得いただいてから作業になりますので、お気軽にご連絡下さい。
修復依頼にあたっての送料はお客様ご負担となりますのでご了承下さい。
お支払いは銀行振込にて入金確認後発送、または代金引換となります。

▲ページTOP

○ 修復にはどのくらい時間がかかりますか 
掛軸の仕様にもよりますが、約一ヶ月程になります。
修復内容によって、さらにお時間が掛かる場合もあります。
お客様とのご相談や表具師からの提案などの時間を考えていただきたいので余裕をみてご依頼いただければと思います。

お急ぎの場合も相談頂ければ対処いたしますが、修復内容や混雑している場合はお断りさせていただくこともあるかもしれませんのでご了承下さい。
※お急ぎの場合はお電話でご相談下さいませ。

がくぶち屋金沢店内【工房ゆらさら】

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目102
TEL:076-227-9644 
MAIL:koubou-yurasara@hirotaart.jp
定休日:土曜日曜 10:00〜18:00
「HPを見て・・」「掛軸の修復で・・・」と言って頂ければ直接表具師と相談できます。
メールでの回答は2〜3日掛かる場合もございます。

▲ページTOP

○ 依頼した掛軸修復の途中経過が知りたいのですが 
経過状況が気になる方は、ご連絡頂ければ作業経過を報告いたします。
お気軽にご連絡下さい。


がくぶち屋金沢店内【工房ゆらさら】

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目102
TEL:076-227-9644 
MAIL:koubou-yurasara@hirotaart.jp
定休日:土曜日曜 10:00〜18:00

▲ページTOP

○ 直接工房に相談に行ってもいいですか 
是非、お越し下さい。
修復したい掛軸をお持ち頂ければ、修復内容の説明や実際の表装見本、裂地もありますので表具師が詳しく説明いたします。
その際は必ず事前にお電話などでご連絡下さい。

がくぶち屋金沢店内【工房ゆらさら】

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目102
TEL:076-227-9644 
MAIL:koubou-yurasara@hirotaart.jp
定休日:土曜日曜 10:00〜18:00

▲ページTOP

■ご利用にあたって■




○ 初めてネットでの相談でも大丈夫ですか 
初めてのご依頼でもお客様が安心していただけるようにスタッフ一同心掛けております。
見積もりなどは無料ですから、いつでもお電話・メールでお気軽にお問合せ下さい。
ご質問・ご要望・ご予算など全てにおいて丁寧にお答えいたします。

掛軸・修復依頼見積もり以外でも、何でもお問合せ下さい!
掛軸の取り扱い方や表具の方法などわからないことは何でもご相談下さい。
各店舗への問合せ先はコチラをご覧下さい。

下記にも各店の詳細を記載してありますので参考にして下さい。

▲ページTOP

○ どの店に連絡すればいいのかわかりません 
ひろた美術は計4店舗あり、各店舗取扱商品が違います。
それぞれの連絡先をわかりやすくこちらで紹介させて頂きます。
各店舗営業時間が異なりますので、ご連絡の際はご注意下さい。
メールでの回答は2〜3日掛かる場合もございます。
■掛軸・絵画全般商品について■
■掛軸修復について■
ひろた美術金沢本店

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目103
TEL:076-240-0007 / FAX:076-240-0078
MAIL:honntenn@hirotaart.jp
定休日:水曜日 10:00〜18:00
取り扱い商品:掛軸 絵画 金澤ゆらさら アート雑貨
         画廊 ギャラリースペース貸し出し
がくぶち屋金沢店内【工房ゆらさら】

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目102
TEL:076-227-9644 
MAIL:koubou-yurasara@hirotaart.jp
定休日:土曜日曜 10:00〜18:00


■額縁について■
■額縁について■
ひろた美術 寺井店(がくぶち屋寺井店)

〒923-1116 石川県能美市小長野ト45-1
TEL:0761-57-3210 / FAX:0761-57-3058
MAIL:terai@hirotaart.jp
定休日:水曜日 9:30〜17:00
取り扱い商品:
掛軸 絵画 額縁 画材全般 表具工房 軸装工房 
カルチャー教室 金澤ゆらさら
がくぶち屋金沢店

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目102
TEL:076-240-4440 / FAX:076-240-4473
MAIL:annex@hirotaart.jp
定休日:水曜日 10:00〜18:00
取り扱い商品:
額縁 画材全般 表装 カルチャー教室 画廊 
がくぶち屋福井店

〒918-8205 福井県福井市北四ツ居3丁目1-14
TEL:0776-52-5229 / FAX:0776-52-5219
MAIL:hukui@hirotaart.jp
定休日:水曜日 10:00〜18:00
取り扱い商品:
掛軸 絵画 額縁 画材全般 アート雑貨 ギャラリー
 
■カルチャー教室について■ ■当ホームページについて■
ひろた美術金沢本店

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目103
TEL:076-240-0007 / FAX:076-240-0078
MAIL:honntenn@hirotaart.jp
定休日:水曜日 10:00〜18:00
取り扱い商品:
掛軸 絵画 金澤ゆらさら アート雑貨画廊 ギャラリースペース貸し出し
ひろた美術金沢本店

〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目103
TEL:076-240-0007 / FAX:076-240-0078
MAIL:hirota@hirotaart.jp
定休日:水・土日曜日 10:00〜17:00

HPに関するお問合せはコチラです。


▲ページTOP

○ 受付・修復の流れを教えて下さい 
お問合せの際は必ずご確認下さい!
掛軸修復依頼品は送料無料掛軸修復依頼品に限り、送料無料で発送いたします※代引きに関しては別途手数料が掛かります。
代引き手数料の詳細は下記の「お支払い・送料」のバナーをご覧下さい。
厳重に梱包し発送させていただきます。 ご依頼・ご利用される際は、必ずトップページのご利用案内をお読み下さい。
コチラからもジャンプできます。
ご利用案内 お支払い・送料
工房ゆらさら 問合せ先

▲ページTOP

○ 支払い方法はどうすればいいですか 
お支払い方法について
以下の方法からお支払いいただけます。

代金引換
商品到着時に配送の宅配便ドライバーに商品と引き替えで合計代金をお支払いください。
日本全国OKですが島しょ部の一部のみ代引きは不可の場合があります。

代引手数料別途必要です。
宅配業者:クロネコヤマト宅急便
お買い上げ金額 手数料
〜1万円 315円
〜3万円 420円
〜10万円 630円
〜30万円 1050円
限度額30万円までとなっておりますので、限度額以上は銀行振込でのお支払いとなりますのでご了承下さい。

銀行振込

ご注文確認後3営業日以内に下記口座にお振り込みをお願いします。


■銀行名:北國銀行 寺井支店
■口座番号:当座 007939
■口座名:株式会社ひろた美術(カブシキガイシヤヒロクビジュツ)
ご入金時の振込手数料はお客様にご負担いただいております。
お振り込み確認後、商品を発送させていただきます。


お振込銀行口座がご注文の際のお届け先お名前と同一(ご本人口座)
であればお振り込み時の「お客様口座名義お名前」「金額」で判断いたしますので書き足していただく項目などはありません。
ご注文確認後3営業日以内にお振込のない場合は、代引きにてお届けさせていただきます。
また、領収書は振込の際に銀行が発行する振込明細書をもって領収書と替えさせていただきます。



▲ページTOP

○ 日時・時間指定はできますか 
送料について
地域 北海道 北東北 南東北 関東 信越
詳細地域 北海道 青森・秋田・岩手 宮城・山形・福島 群馬・栃木・山梨・茨城
千葉・埼玉・神奈川・東京
新潟・長野
送料 ¥1800 ¥800 ¥800 ¥700 ¥700
地域 北陸 中部 関西 中国 四国
詳細地域 石川・富山・福井 静岡・愛知・三重
岐阜
大阪・京都・滋賀
兵庫・奈良・和歌山
島根・鳥取・山口・広島・岡山 愛媛・香川・高知
徳島
送料 ¥600 ¥700 ¥700 ¥700 ¥800
地域 九州 沖縄 離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります
※消費税別
詳細地域 福岡・佐賀・長崎
熊本・大分・宮崎
鹿児島
沖縄
送料 ¥1800 ¥2700

離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。

複数のお買い物をされても、同時に一カ所へのお届けは上記料金のみで結構です。
それぞれのお届け先が異なる場合は、それぞれに送料がかかります。

▼配送業者
クロネコヤマト宅急便となります。配送業者の指定はできませんので予めご了承ください。

▼お届け日時・時間指定
※お客様のご希望に沿うよう発送はさせていただきたく思っておりますが、お届けの地域・またこちらの事情でご要望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。 午前中、12:00-14:00、14:00-16:00、16:00-18:00、18:00-20:00、20:00-21:00

▼お届け日の目安

※一部地域については記載のお届け日に添えない場合もございます。
※道路状況や天候、その他影響で遅れる場合がございます。
※離島は、さらに余裕をお願いします。
※同じ日に出荷させていただいきました荷物も全部必ず同じ日に到着するとは限りませんことをご了承ください。



▲ページTOP

■取扱商品について■




○ どんなものを取り扱っているのですか 
各店取り扱い商品が異なります。
地図などはコチラ

■ひろた美術 金沢本店■
掛軸(販売・軸装・修復受付) 絵画(有名作家・県内作家・版画など) アート雑貨 金沢ゆらさら 画廊 ギャラリースペースの貸し出し

■ひろた美術 寺井店(がくぶち屋寺井店)■
掛軸(販売・軸装・修復受付) 絵画 額縁 画材 表具・軸装工房 カルチャー教室

■がくぶち屋金沢店■
額縁 画材 表装 金沢ゆらさら カルチャー教室 画廊

■がくぶち屋福井店■
額縁 画材 掛軸 絵画 雑貨 ギャラリー

▲ページTOP

○ 大好きな作家さんの作品が欲しい 
金沢本店にご相談下さい。
お客様のご希望の作家・作品をお探しいたします。
努力いたしますが、ご希望に添えない場合もございますのでその際はご了承下さいませ。

▲ページTOP

○ 額・画材の取寄せはできますか 


もちろん出来ます。必要枚数や色違いなど、メーカーに在庫があれば一週間(土日除く)程の納期となります。
お急ぎの場合は送料が掛かりますのでご了承下さい。

画材

当店取り扱いメーカーであれば取寄せ出来ます。
発注単位や納期が掛かる場合がありますので、各店にお問合せ下さい。
また発注単位によって送料が掛かる場合がございますのでご了承下さい。

▲ページTOP

■カルチャー教室について■



○ どんな教室があるんですか 
がくぶち屋金沢店・寺井店にカルチャー教室を開講しております。
色々なジャンルの講座がありますので、是非一度見学に来て見ませんか?
見学の際は各店に前もって連絡お願いします。
(体験教室はしておりません)

詳細は コチラをどうぞ

▲ページTOP







  ▲ページの先頭へ戻る

ひろた美術金沢本店 〒921-8061 石川県金沢市森戸1丁目103番地 TEL 076-240-0007/FAX 076-240-0078
Copyright(c) 2010 HIROTA ART. all rights reserved
.個人情報について サイトマップ